手相鑑定の上手な使い方

こんにちは。守田ゆき江です。

数日前、自分のオナラがとんでもないニオイになり
新婚さんやのにダンナさんに飛び逃げられたので
ヨーグルトを食べてたら2日くらいで改善しました。

良かったよかった。


苦笑気味でしたがアドバイスくれたタロー丸さん
ありがとう!オナラくさいの治ったよ!!




さて、手相鑑定の上手な使い方です。
というのも、
占いってその占術によって
ずいぶん「わかること」が違います。
私は占い師やからそういうことを知ってるけど、
一般のお客様はわからなくて当然だと思います。

基本的に、
手相は「人生のバイオリズム」を読むのが得意な占術です。
大きな流れはわかるけど、ちょっと抽象的なのですよ。
だからすみれ堂ではそれを補う為に
「その時の心理、具体性」のわかるタロットも使っています。


で、すみれ堂は手相をメインに鑑定していますので
今回は手相鑑定の上手な使い方を書こう、というわけです。
タロットの事はもうちょっと勉強してからまとめます。

単純な事なのですが、
ものには「タイミング」というものがあります。
波が上がる前にサッと乗ってしまえば、
波が頂上まで押し上げてくれます。
逆に、波が通り過ぎた後に行こうとしても
同じ所に行くにはずいぶん大変な思いをする事になります。

人にはそれぞれ人生に栄枯盛衰(バイオリズム)があり、
それを上手くつかみ取る事はとっても大事な事なのです。
先天的な幸運の波を読み取るのが手相の得意な所です。
私はお客様の手相でその波が上がるときをお伝えしています。
開運期、と呼んでいるやつですね。
鑑定後に、占星術、四柱推命、易などの占いを
他で受けて来たお客様が
「同じ年齢を言われました!!」って
おっしゃる事がよくあります。
そりゃそうです。そういうもんですから。

$守田ゆき江のスーパー手相術


どんなにべっぴんさんで良い娘でも、
結婚のお誘いを断りまくっていたら
婚期を逃してしまします。
良い時にぱっと掴んでしまう。
良い時をたっぷり残しておけば
結婚しても子育てや仕事、
自己実現もきっと充分楽しめます。
それが上手な使い方です。


そして、方位学。
方位学で後天的な波を自分で作る事が出来ます。
吉方位に旅行や引っ越しをする事で、
新たな幸運の波を起こす事が出来るのです。
だから 方位学は地上にある最高の開運法 と言われるのです。
逃しても起こせば良い。
来たら迷わず乗る事です。
それまでに波に乗るための筋トレをしとかなあきまへんで。


占いを上手に使って、
せっかくなんで良い人生を送りましょう。






概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
西條ゆきえのスーパ―手相術